福岡市は、都心の天神・博多に代表される商業都市として、また、食べ物がおいしいまちとして全国的に有名ですが、その魅力を支えているのが、実は福岡市生まれの野菜・果物、または花などの農産物です。

そして、福岡市生まれの豊かな農産物を使った商品づくりも盛んです。

農業の現場は?どうやって商品が開発されていくのか?どう販路を広げるか?

 

新しい商品を売り出すまでの過程、一つひとつがその商品の魅力でもあります。

FFF(スリーエフ)では、農家さんたちが作った農産物の魅力、モノづくりの現場、商品化や販売までをレポートしています。


北崎地区

福岡市西区北崎地区は多品種のお花の産地。この多品種の花々を花農家さん達の力を合わせて商品づくりに取組んでいます。
≫ 詳しく見る

志賀島地区

福岡市東区志賀島地区に魅力を感じ新規就農した田中智哉さんが栽培するあまおうを使ったスイーツづくりを進めています。
≫ 詳しく見る

脇山地区

福岡市早良区脇山地区は、実は日本でもっとも古いお茶の産地といわれています。このお茶を復活させ、脇山らしい商品を目指します。
≫ 詳しく見る



北崎地区の最新情報


箱花が似合う季節

 

3月は、旅立ちのシーズンですね。

 

卒業や進学、就職。

 

新しい部署へなどの異動の時期かと思います。

 

お礼の気持ちを込めて、花を贈ることは素晴らしいですよね。

 

飾る場所がない。飾る容器がない。そんな悩みを解決するのが「箱花」です。

 

福岡市北崎地区の花農家が、丹精込めて栽培したお花を箱につめた箱花。

感謝の気持ちをお届けしませんか? 

 


志賀島地区の最新情報


智哉さんのいちごのハウスの隣に素敵な森が誕生

 

 

志賀島の田中智哉さんのいちごハウスの隣は、雑木林でした。

そこを、智哉さんはじめ、島内の方々で整備され、

「長寿の里」と言う集いの森 が完成しました。

 

その素敵な森で、智哉さんの思いがたくさん詰まったイベントが11月6日土曜日に開催されました。

 

智哉さんの、農業でお世話になった志賀島、勝馬のみなさんに、何か恩返しができないかと考え、

その思いに賛同された仲間の方々と共に実施され、

家族連れをはじめ、多くの方々が「長寿の森」に集われました。

 

流木を使ったオブジェは、いちご狩りにお越しになる方々の椅子になったり、

イベントの思い出は、志賀島の各所でいかされているそうです。

 

続きを読む 0 コメント

脇山地区の最新情報


2023料理王国 100選に入賞しました。

脇山ジェラートが「2023料理王国 100選に入賞いたしました。

 

「料理王国100選」とは、「料理王国」主催の食の品評会。

食通の権威ともいうべきトップシェフ、一流料理人、食品バイヤーなどの食のプロの審美眼にかなった数々の逸品を選定します。

品質や味わいは言うにも及ばず、環境やSDGsに配慮しているか、技術力が活かされているか、などのポイントで多岐に渡って検討されます。加点方式で審査され、一定以上の加点をクリアした商品は料理王国100選入賞品として発表。 (料理王国 ホームページより抜粋)

 

審査員からは、

 

「お米の食感がたのしい。牛乳の風味もよい。」

「米の可能性として面白い。フランスでは、お米のデザートもありますし。」

 

という評価をいただきました。

 

シェフやバイヤーさんに脇山ジェラートを知っていただく良い機会になりました。

続きを読む 0 コメント