福岡市早良区脇山 野中久美子さん
2017/11/17
福岡市早良区脇山、自然豊かなこの地で 7、8月にブルーベリー狩りができる観光農園を営んでいる 野中久美子さんのお話を伺いました。 いつもニコニコと笑顔が素敵な野中さんは、 農産物の加工品づくりにも積極的に取組むパワフルな女性です。
福岡市早良区脇山 馬場康平さん(左)雄治さん(右)
2017/11/10
日本初の茶の専門書を著し、日本にお茶を広めたとされる栄西禅師。 その栄西禅師が植えたと言われる福岡市脇山地区のお茶は 現在では担い手が少なく、栽培されている量もわずかです。 後継者不足で一度は生産が途絶えましたが 地域おこしを目的に地元有志と農協の青年部が協力して荒れた茶畑を整備し 2004年から生産を再開しました。...

ボックスフラワーをつくる花農家さんたち
2017/11/02
(前回の続きです) さて、花農家の皆さん真剣に「ボックスフラワーづくり」に挑んでいます。
紙谷昌弘さん
2017/10/27
福岡市北崎地区の「北崎花き青年部」の皆さんと新たな商品の開発として取り組んでいる「ボックスフラワー」 花農家がつくる「ボックスフラワー」をさらに価値あるものにするために、 有名なフラワーデザイナーの紙谷昌弘先生に、大阪から北崎地区へお越しいただきました。

福岡市早良区脇山での稲刈り体験の様子
2017/10/20
福岡市早良区、脇山地区は、かつて、昭和天皇即位の際に献上米として選ばれた 由緒あるお米の産地だと知っていましたか? 昭和3年(1928年)11月、昭和天皇の即位の大礼が行われるにあたり、 天皇に供せられる「昭代」と命名された新米を奉納する大祭がありました。 この祭りに用いられる新米を取るためには、古来より京都以東以北を「悠紀(ゆき)」、...
2017/10/13
いちごは冬〜春に収穫されます。 では、夏の間はいちご農家さんは何をしているのでしょうか? 苺の実アイスを販売した田中智哉さんに伺ってみました。

写真:北崎地区の花ハウスと袈裟丸さん
2017/10/06
8月23日、多品目の花が栽培されてる福岡市西区北崎地区の花農家さん、 袈裟丸さんのハウスへお邪魔いたしました。 袈裟丸さんは、北崎地区では菊やユリ、フリージア等様々な切り花が栽培されています。 この日も大変暑い日でしたが、ハウスの中で「菊」の栽培についてお話を聞きました。
福岡市早良区脇山地区の風景
2017/08/26
福岡市の隠れた名産のひとつ、脇山のお茶。 日本のお茶の歴史は、博多聖福寺の栄西禅師が お茶の種子を中国から持ち帰り、背振山に蒔いたのがはじまりとも言われています。 そのため、福岡市早良区の南部に位置する脇山地区は 日本で歴史がもっとも古いお茶の産地とも言われているのです。

苺の実アイスパッケージ、チラシ
2017/08/26
2017年8月17日、志賀島にある「シカシマサイクル」さんにて 苺の実アイスの販売会を開催しました。
志賀島あまおう農家田中さん
2017/08/26
志賀島の風土と人に魅せられ、新規就農した田中智哉さん。 現在、志賀島であまおうを栽培して2年目です。 「過去にスイーツや商品の企画開発をする仕事をしており、いつか商品の素材となる作物を自らの手で育てたいと思っていました。」と語る田中智哉さん。...

さらに表示する