夏にいちご農家は何をするの?

いちごは冬〜春に収穫されます。

では、夏の間はいちご農家さんは何をしているのでしょうか?

苺の実アイスを販売した田中智哉さんに伺ってみました。

 

いちご苗とランナーの様子
写真:いちご苗とランナーの様子

 

以下、あまおう農家 田中智哉さん(SIMBAL FARM 代表)のコメントです。

 

前の年の11月にプランターに植えた苗を親株として育てると、

次の年の5月ぐらいにその親株から子孫を増やすために
ランナーと呼ばれるツルのようなものがたくさん出てきます。

それを土を入れたポット(ビニール製の小さい鉢)に植えていくと子株が採れます。
1本の親株から15~20本ほどで、

私は650本の親株から約12,000本の子株を採りました。

子株を親株から切り離す作業は、炎天下の中朝から夕方まで結構忙しく大変ハードです。

 

まずは水やり。

私は病気の拡散を防ぐためにも、苗に長時間水を当てない手潅水(設備を使わず、手作業で水やりをすること)をしてますが、
重たいホースを引きずりながら朝2時間、夕方1時間水やりをしています。

その間に、肥料をあげたり、丈夫で発育のいい苗にするために葉を間引きする葉かぎをしますが、

葉かぎは株数が多いので何日もかかります。

また、この生まれたばかりの新鮮な子株たちには病気や害虫たちが次々とおそって来ますので、消毒が欠かせません。
厄介な炭そ病にかかれば近くの株へ感染し枯れてしまいますので、

病気の特徴である「ほくろ」のような斑点を探すため
12,000株を一日見て回ります。

 

真夏のいちご苗に水やりをする様子
写真:真夏のいちご苗に水やりをする様子

 

大変ハードな作業のため気温35度以上の中、たまにフラフラに・・

一日に取る水分量が4リットルを超える日もありました(笑)

 

そんな辛い時は、iPhoneから大好きなレゲエをかけながら、

なるべく楽しく乗り切るのが一番効果的でした。

そして、やっと夕方。

真夏の海に夕陽が沈んで、志賀島だけでなく、能古島、博多港、百道浜まで

見渡すかぎり真っ赤に染まります。

それを見ながら家路に着く、最高に気持ち良い時間でもあります。

 

SIMBAL FARM 代表 田中 智哉

 

台風の時は苗が飛ばない様にネットをかけました
写真:台風の時は苗が飛ばない様にネットをかけました

 

夏は、いちごの苗づくりの時期です。

 

真夏の炎天下での水やり、とても大変かと思います。

そんな中、レゲエを聞きながら乗り切るというのが田中さんらしいです!

 

農業は自然相手、お天気や台風など心配も多いと思います。

年間を通して、苗づくりから大切に育てられているのですね。

 

志賀島の美しい自然の中で育ったいちご、これからも楽しみです。

 

苺の実アイス、試作品販売会

苺の実アイスパッケージ、チラシ
写真:苺の実アイスパッケージ、チラシ

2017年8月17日、志賀島にある「シカシマサイクル」さんにて

苺の実アイスの販売会を開催しました。

指にはめながら食べるのが楽しそう
写真:指にはめながら食べるのが楽しそう

以下、あまおう農家 田中智哉さん(SIMBAL FARM 代表)のコメントです。

 

もう不安で一杯でしたが、当日、シカシマサイクルさんのドアをドキドキしながら開けましたら、

すでにお客様が待っていて下さいました! もう、うれしくて。

聞けば前日も4~5組のお客様から問い合わせがあったそうです。

開店と当時にお客様が来て下さり、販売2時間で残り10個、午後一番には完売致しました。

私の一番の就農理由、「農産物で商品をつくりたい」と思い立って約2年半、

本当に多くの周りの方が応援して下さりここまで来れたなと、その場で大きな感動をおぼえました。

そして、お客様からの「美味しかった」のお言葉と嬉しそうな笑顔を頂き、これからヤル気が更に増しました。

どなたかの喜びとなる物を農業からつくっていければと考えております。

どうぞ宜しくお願いいたします。 

SIMBAL FARM 代表 田中 智哉

子どもたちに苺の実アイスを手渡す田中智哉さん
写真:子どもたちに苺の実アイスを手渡す田中智哉さん

数量限定でしたが、結果は即日完売!

子どもから大人まで可愛らしいビジュアルと美味しさに大好評でした。

 

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

志賀島に魅せられ、あまおうで新規就農

志賀島あまおう農家田中さん
写真:志賀島あまおう農家田中さん

志賀島の風土と人に魅せられ、新規就農した田中智哉さん。

現在、志賀島であまおうを栽培して2年目です。

 

「過去にスイーツや商品の企画開発をする仕事をしており、いつか商品の素材となる作物を自らの手で育てたいと思っていました。」と語る田中智哉さん。

おいしいあまおうを食べてもらうだけではなく、あまおうを使った加工品で様々なものを作りたい、といつもいろんなアイデアを考えているのだとか。

あまおうハウスの様子
写真:あまおうハウスの様子

「新規就農者としてよそから来た者だからこそ、この志賀島で面白いもの新しいものを作っていく、挑戦していくことが自分の使命でもあると思うのです。」

そんな田中智哉さんと現在、去年から続けているあまおうの商品づくりに取組んでいます。

 

あまおう農家の夏は苗づくりに忙しい日々。毎日の水やりと注意深い管理が必要です。

そんな農作業の合間に夏にも売上げを作り出す事ができる商品づくり、今後が楽しみです!

苺の実アイス、夏の可愛いスイーツづくり

苺の実アイス試作品
写真:苺の実アイス試作品

志賀島あまおう農家の田中智哉さんと作る「苺の実アイス」は

その名の通り、贅沢にあまおうの実1つぶを丸ごと使い、中に濃厚なアイスクリームを詰めたデザートです。

 

昨年から試作を続けてきたこの商品、今回はこの「苺の実アイス」をどうやったら食べやすく、お客様の手に取ってもらえるかを考えるための試作づくりです。

 

あまおうは見た目も可愛らしく、子どもから大人まで大人気!

あまおうの形そのままを活かしたこのスィーツを食べやすく、可愛らしく、わくわくしながら手に取ってもらえるような形状、パッケージデザインを考えることにしました。

試作品を確認中
写真:試作品を確認中

もちろん、見た目だけではなくイチゴの美味しさを引き立たせるアイスクリーム選びも厳選しました。
田中智哉さんの想いと栽培するあまおうの魅力を引き出すためには、つめるアイスクリームにも、同じコンセプトがないと商品の魅力は半減します。

こだわりの食材、丁寧な作業で贅沢なジェラートつくりをされている福智ブランドファクトリーさんに製造の依頼をしました。

試作を繰り返す中で、「出来立てが一番おいしいから!」と出していただいたアイスクリーム。

出来立てのアイスクリームを初めて食べました。驚くほど濃厚で美味しかったです。

できたてのアイスクリーム
写真:できたてのアイスクリーム

この美味しいアイスクリームと田中智哉さんが丹精込めて栽培したあまおう、
ものづくりにこだわる素材と技術のコラボレーション。
「苺の実アイス」としてお披露目されます。とても楽しみです。